社会保険労務士試験 合格率

社会保険労務士試験の現状

はじめまして。私は、4年前の社会保険労務士試験に合格後、コンサルティング会社勤務を経て、この春、独立開業した〝新米開業社労士〟です。
07年に表面化した社保庁の記録漏れや、若年層による不払いなどの年金問題。そして、平成大不況がもたらしたワーキングプア層の拡大をはじめとする雇用問題など、現在、社会保険労務士の活躍の場が広がっています

そんな背景もあってか、平成21年(2009年)の社会保険労務士試験の受験者数は、52,983人と過去最高を記録。また、各種の資格ランキングでも、社会保険労務士は常に上位にランキングされるなど、人気資格となっています。

その人気に反して、社会保険労務士試験は毎年合格率が10%下回る超難関
しかし、本当にそこまで難しい試験なのでしょうか。実はそうとも言えません。
ここまで合格率が低いのは膨大な出題範囲が原因であり、また、受験者の多くが効率の良い勉強をしていない(気づいていない)からに他なりません。

このサイトは、まさにこれから社会保険労務士試験に向け、勉強を始めようとする方、そして、複数回挑戦しても合格できないという方に向け、1年半の勉強期間で1発合格を果たした、私の勉強法をお伝えしようというものです。
このサイトが参考となり、皆さんが少しでも合格へと近づけたら幸いです。

過去5年の平均合格率は8.62%

まず、過去5年間の社会保険労務士試験の合格率を確認してみましょう。

【社会保険労務士試験・過去5年の合格率】

 

申込者数

受験者数

合格者数

合格率

平成26年(2014年)

57,199人

44,546人

4,156人

9.3%

平成25年(2013年)

63,640人

49,292人

2,666人

5.4%

平成24年(2012年)

66,782人

51,960人

3,650人

7.0%

平成23年(2011年)

67,662人

53,392人

3,855人

7.2%

平成22年(2010年)

70,648人

55,445人

4,790人

8.6%

5年間の合格率平均は7.53%と、かなりの低確率。しかし、この合格率をそのまま受け取り、「私にはとても無理!」と、悲観するのは早計です。次ページでは、合格率7.53%の真実をお伝えしようと思います。

次のページへ ››

[管理人おすすめの教材] 毎年全国平均を上回る合格率を誇るフォーサイトの通信講座