社会保険労務士試験 合格率

復習の重要性

勉強よりも復習が大事!?

出題科目が広範囲に渡る社会保険労務士試験では、合格するためには「基本書と過去問を5回繰り返す!」ことが必要とされています。
復習の効果を示す興味深い実験データがあります。15歳の学生たちに同じ意味のない言葉を、同じ時間をかけ記憶させたのですが、勉強と復習時間の割合を異ならせた結果、にいかに復習が記憶を定着させるかが明確となりました。

【勉強時間と復習時間の割合による記憶量の違い】

<勉強した時間の割合>

<復習した時間の割合>

<覚えた言葉の平均数>

100%

0%

65個

60%

40%

98個

20%

80%

137個

知識の定着は復習してこそより確実になることが、上記の実験結果からもわかると思います。しかし、同じことを何度も繰り返す復習ほどつまらなく、身の入らない勉強もありません。結局、我慢してやり続けるしかないのですが、私が受講したフォーサイトは楽しく復習できるシステムを構築していました。

復習には宣言とご褒美が効果的!

フォーサイトが提唱・実践していたのはなる復習システム。これは、テキストで復習するのではなく、問題演習により反復学習するシステム。また、復習素材となる問題は、基本レベルのものから始まるため正解率が高く高得点が得られやすい。高得点が取れればヤル気も起き、結果的に学習効果を飛躍的に向上させることができるのだとか。

スモールステップ法の特徴的なカリキュラムは、受講生がいつでも無料で利用できるインターネット上の確認テスト「道場破り」です。これは、学習した単元を一問一答の○×形式で解答する、ゲーム感覚で楽しめるもの。

ちなみに、このテストに挑戦する際には、「合格するために△△△をし」、「不合格の場合は×××をする」、そして「合格したら○○○をする!」などと宣言できる「合格挑戦状」を作成することができます。また、挑戦状を作成・提出し、本試験に合格した場合には、フォーサイトから5000円分の図書カードが贈呈されるなど、学習意欲を高める施策やご褒美などが用意されています。

次のページへ ››

[管理人おすすめの教材] 毎年全国平均を上回る合格率を誇るフォーサイトの通信講座